【2019年版】主要レンタルサーバーについて本音で語ります

何が僕を駆り立てたのかわかりませんが、比較検討の対象になる主要レンタルサーバーを全部試し終えたので、どのレンタルサーバーの、何が良かったのか、何がダメだったのか、ということを本音で語りたいと思います。

今回の主役は以下の通り。

  • エックスサーバー
  • Mixhost(ミックスホスト)
  • Conoha Wing(コノハウィング)
  • カラフルボックス

そして、今回の脇役は以下の通り。

  • ロリポップ
  • wpXレンタルサーバー

主役は現在僕が実際に使っている(契約している)レンタルサーバーです。

脇役は過去に使ったレンタルサーバーです。

とりあえず、2019年はこんな構図かなと。

異論ですか?めっちゃ認めるのでコメントで教えてください。

CMSはすべてWordPressで、テーマは僕が開発している4536です。

では、本音レビュー始めます!

(※スペックの比較とかは似たり寄ったりで面白くないので、「使用感」にとことんこだわって話を進めます)

(※今はどのレンタルサーバーも基本的にSSL化無料なので割愛してます)



【まずは結論】今選ぶならこのレンタルサーバー

「忙しい人のためレンタルサーバー選び」ということで、まずは結論から。

1番のおすすめはMixHostです。

当サイトをこのMixhostで運営していますが、他のレンタルサーバーに比べてダントツで速いです。

LiteSpeedのキャッシュプラグイン未使用の状態でも爆速なので感動しました。

次におすすめなのがエックスサーバー

性能や使い勝手を考えると、もはやレンタルサーバーの中では安い部類に入ります。

以前は中上級向けといった感じのレンタルサーバーでしたが、簡単にサーバー移転できる機能が追加されたり、管理画面が相変わらず使いやすかったり、初心者向けと言っても過言ではありません。

最後がConoHa WING(コノハウィング)

例えるなら「サーバーがLiteSpeedになったエックスサーバー」といったレンタルサーバーで、ある程度本気でサイト運営するならエックスサーバーよりもこっちかなと。

多忙な方はさようならということで、ここからはより具体的な話をしていこうと思います。

エックスサーバー

速度
管理画面の使いやすさ
安定感
料金

「レンタルサーバーと言えばエックスサーバー」というくらい、トップに君臨し続けているレンタルサーバー界の雄。

速度、管理画面の使いやすさなどもさることながら、やはり1番の魅力は「長年の実績」です。

これだけは他社がどんなに頑張っても勝てないので、ウェブサイト運営の代行などビジネス色が強い場合は絶対エックスサーバーを選びます。

数社管理しているサイトがあるのですが、お客さんのサイトは紹介できないので僕の妻のブログでも見て速度とか確かめてみてください。

(執筆時点ではエックスサーバーで運営しています)

中上級向けで料金が高いイメージがありますが、初期費用半額やドメイン取得(維持費)無料などのキャンペーンも多く、月額料金も1,000円くらいなので、実はそんなに高くなかったりします。

とにかく、「間違うことができないサイト」はエックスサーバー一択です。

昔はサーバー移転で苦労した記憶がありますが、後述するConoha Wingと同じく、今はログイン情報を入力するだけで他サーバーから移転できる機能があるので、初心者向けと言っても過言ではありません。

Mixhost

速度
管理画面の使いやすさ
安定感
料金

昔、色々とやらかしたことで一躍有名になったレンタルサーバー。

その強烈なマイナスイメージから「ここだけは絶対使わない!」と思ってる人も多いかと思います。

ただ、今のMixhostはすごいです。

執筆時点で当サイトはこのMixhostで運営しているんですが、やたら速いです。どうですか、速くないですか?ちょっと他の記事も開いてみたらどうですか?

実は、キャッシュプラグイン使ったりとか特別な設定は一切してないんですよ。

それなのになんかやたらと速いので、「おー速いなー」っていつも感動してます。

特にWordPressの管理画面!

他のレンタルサーバーは総じてもっさりするんですが、Mixhostだけダントツで速いのでかなりストレスフリーです。

速度にこだわりたい人はMixHostおすすめですよ。

ただ、別記事でも紹介してますが、Mixhostのサイトの管理画面はびっくりするくらい使いにくい残念仕様です。

あと、料金が安いイメージがありますが、長期契約だと安くなるという囲い込み戦略であって、短期契約(3ヶ月とか6ヶ月)だとエックスサーバーとかConoha Wingとかそこら辺の価格帯と同じになります。

初期費用が無料とか、imunify360が無料で利用できるとか、あまり知られていないメリットもありますが、とにかく「速度重視!」って感じの人にMixHostをおすすめしたいですね。

執筆時点では特に大きなトラブルもなく使えているので安定してます。

ConoHa WING

速度◯(?)
管理画面の使いやすさ
安定感
料金

「とにかく速い!国内ナンバーワン!」

という謳い文句でレンタルサーバーの覇権を握ろうとしているレンタルサーバー。

確かに速い。速いんですが…なんかイマイチ「爆速感」を実感できないんですよね。

他のブログだと「ConoHa WING最高!ここ一択だぜヒャッハー!」って感じで紹介されてますが、ごめんなさい。

wpXレンタルサーバーと大して速度の違い実感できなかったです。。

wpXレンタルサーバーから移転したんですが、「Mixhostみたいに爆速を体験できるかなー!」というワクワクが見事に打ち砕かれました。

なにか速度が速くなる設定とかあるんですかね?

リザーブドプランではなく、ベーシックプランを選んだのも少なからず影響していると思いますが、「リザーブドだと爆速でベーシックだと普通」なんてことはないはずなので、ConoHa WINGの愛用者がいればご教示ください。。

ベーシックプランでも料金が1,200円と同価格帯のレンタルサーバーの中では1番高いので、これが何かの間違いでなければちょっと期待ハズレかなというのが本音です。

ということで、次。

ログイン情報を入力するだけでサイト移転できる機能、これ最高でした。

サイト移転って、サイトの規模が大きいとものすごく時間かかるし、ずっとパソコン開いてないとダメなんですが、WordPressのログイン情報入力して数十分で移転完了してて「早くない!?」ってびっくりしました。

(※割と規模が大きいサイトの移転です)

他社にも同様の機能はありますが、お金がかかる(しかも高い)のですごく大きな魅力だと思います。

(無料で同様の機能を提供しているのは執筆時点ではエックスサーバーくらいですね)

他は管理画面が使いやすいなどのメリットがありますが、コスパが良いかと聞かれると「うーん…」って感じなので、ConoHa WINGの中の人がこの記事見てたら何かアドバイスください。そしてごめんなさい。

MORIAWASEでこのConoHa WINGを使っているので、速度確かめたい方は良かったらどうぞ。

先ほども言った通り、エックスサーバーの上位版のようなレンタルサーバーなので、速度重視でサーバー移転に自信がない方にはConoHa WING(コノハウィング)をおすすめします。

カラフルボックス

速度
管理画面の使いやすさ
安定感
料金

案内メール何通かスルーしてたんですが(ごめんなさい…)、Mixhostが良かったので「同じLiteSpeedなら…」と使ってみました。

結論としては「いや、これ絶対すぐ値上げするでしょ(笑)」です。

  • 速度は普通に速い
  • 大きなトラブルも特になく、そういった報告もない
  • Mixhost同様セキュリティ対策にImunify360を導入
  • バックアップもしてくれる

これで、3年契約なら月額480円、3ヶ月契約でも月額680円と、非常にリーズナブルです。

さらに、3ヶ月契約でも初期費用が無料で、無料お試し期間はなんと「30日間」です。

カラフルボックスはまだまだ歴史が浅いレンタルサーバーなので、このように「破格の待遇」でユーザーを獲得しようとしているのだと思いますが、僕らユーザーにとっては何のデメリットもないので、今もっともコスパが良いレンタルサーバーと言えますね。

「料金の安さ」と「速度」の両方を求める方にColorfulBox(カラフルボックス)をおすすめします。

※他の主要レンタルサーバーと同じ価格帯(1000円ちょっと)のプランもありますが、それを選ぶ理由は今のところないですね。

強いてデメリットを挙げるなら、管理画面がMixhost同様使いづらい、ネームサーバー変更などが他のレンタルサーバーと違ってクセがある、あたりでしょうか。

料金はライトユーザー向けですが、管理画面の感じとか設定方法がライトユーザー向けではないので、そこのミスマッチも気になるところですね。

4536をこのカラフルボックスで運営しているので、速度を確かめたい方は良かったらどうぞ。

(※執筆時点ではLiteSpeed専用のキャッシュプラグインを使ってます)

ロリポップ

「安かろう悪かろう」のイメージが(個人的に)定着しているレンタルサーバー。

ロリポップでサイト運営を初めて、ステップアップしてエックスサーバー…というパターンが昔は多かった気がします。僕もそうでした。

ただ、今はSSL化が無料になったり、カラフルボックスと同じ価格帯のプランを用意したり、けっこう改善されているみたいなので選んで損をするわけではないかなと思いますが、良くも悪くも普通になったので使うきっかけ(理由)がないのが本音です。

wpXレンタルサーバー

エックスサーバーのサイト内移転のタイミングで使い始めたレンタルサーバー。

WordPress限定のレンタルサーバーということもあり、キャッシュプラグインが外せたり、管理画面が使いやすかったり、長いこと愛用していましたが、新機能がどんどん追加されるエックスサーバーと違いパッとしなかったのが本音です。

また、1番のメリットである「アクセス過多などの負荷に強い」の部分も、それを肌で実感するタイミングが少なく、「そもそもそんなにアクセスが多いなら他にもっと良い選択肢があるのでは?」という感じなので、良く言えば安定感があるのかもしれませんが、結局「エックスサーバーでよくない?」というオチ。

あと、エックスサーバーと違って初期費用半額やドメイン無料のキャンペーンがないのも地味にマイナスですね。

他のレンタルサーバー

  • さくらのレンタルサーバー
  • Heteml(ヘテムル)
  • スターサーバー

…などなど、他にもたくさんレンタルサーバーがありますが、話題性、スペック、料金、キャンペーンなどを考えると、普通のサイト運営でここら辺のレンタルサーバーを選ぶ理由が特にないかなと。

何かおすすめあれば教えてください。

【まとめ】ケース別おすすめレンタルサーバー

以上が2019年現在、本音で選んだレンタルサーバーです。

【追記】ConoHa WINGをメインのレンタルサーバーにしました

割と酷評していたConoHa WING(コノハウィング)をこの度メインのレンタルサーバーにしました。

速度や料金も大事ですが、やっぱり「使いやすさ」に勝るものはないなと。

詳しい理由は別記事でまとめているので、お時間あればどうぞ。


カテゴリー:レンタルサーバー
タグ:本音レビュー

シェフ

このサイト「Fantastech」を運営している人。WordPressテーマ「4536」の開発中にインプットした情報などを発信中。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ