本当は知らないWordPressの「正しい」始め方

豆知識 By シェフ

どうも、なんか色々と開発してるシェフって言います。WordPressに育てられました。すみません、ちょっと偉そうなこと言うかもしれません。

「上位表示目指すぞ〜🔥」と色々な人がWordPressの始め方的な記事を書いているんですが、裏側の話というか、開発者的な立場でWordPressについてアレコレ言いたいと思います。

まず、記事を書こうと思ったきっかけが2つあって。

  1. クラウドソーシングでWordPressテーマの移行依頼が多くある
  2. なんかプラグイン使えないんですけど〜って相談がたまにある

これ実は、現在主流とされているWordPressの始め方が招いた悲劇なんですね。本来のWordPressの使い方をしていると起きない問題なんです。

例えば、みなさんもこんな始め方しませんでしたか?

  1. 有名なレンタルサーバーで契約(ドメインもセットで取得)
  2. 無料・有料問わず多機能なテーマをインストール
  3. そのテーマを使ってサイトを構築

僕も多機能テーマを配布してる開発者の1人なんですが、ごめんなさい、これ「正しい」やり方ではないんです。

なぜならWordPressには、「見た目」はテーマで、「機能」はプラグインで、と明確なルールがあるからなんです。国内外問わず、多機能なテーマが非公式に配布されているのがその理由です。あれもこれも詰め込まれた多機能な公式テーマは一切ありません。

じゃあ多機能テーマ使っちゃダメなのかと言われたらそんなことはないんですが、そのテーマだけでサイト作りが完結できるメリットがある一方で、気軽にテーマ変更できないデメリットもあることを知っておかないと、冒頭のような悲劇を招いてしまいます。

では、WordPressの正しい始め方は何か?

それは、テーマは公式のものを使って、足りない機能をプラグインで追加する、っていう当たり前すぎて逆にみんなわかってない方法なんです。

もしくは、テーマに関して言えば、そこら辺わかってる非公式テーマを使うか、有名なテーマのデザインだけ使う(内部の設定機能は使わない)のでもいいと思います。

例えば、SEO設定1つとってみても、公式プラグインの「All in One SEO Pack」とか「Yoast SEO」を使うのが正攻法で、これなら見た目を変えたくてテーマを変更してもこれまでのSEO設定内容が消えることがありません。

これまでの設定内容が消えてしまうからと、テーマを変更できないでいる人や、お金を払って誰かにテーマ移行を手伝ってもらっている人を見ると、すごくやるせない気持ちになるので、1つだけお願いがあります。僕みたいな多機能WordPressテーマ開発者のことは嫌いになっても、WordPressのことは嫌いにならないでください。

WordPressあるある

せっかくなのでWordPressのあるあるネタも投入します。

制限とかいろいろ

「複数サイトへのインストール禁止」とか「二次配布禁止」とか色々制限しているテーマがありますが、これって実はおかしな話なんですよね。昔から定期的に語られる話ではあるんですが、WordPress初心者にあまり知られていないので説明します。

WordPressはそもそもオープンなソフトウェア、つまり無料で誰でも使えるよ〜ってやつなので、そのWordPress上で動くものもWordPressのライセンスと互換性のあるライセンスを適用する必要があるんですね。

(僕も昔、再配布やめてね〜って注意書きに書いてたんですが、注意されたので今はその文言消してます…😅)

WordPressは誰でも配布とか改変とかができるのに、そのWordPressでしか動かないテーマが「改変禁止!」とか「再配布禁止!」とか主張するの、それっておかしくない?そういう話です。

公式テーマのクオリティ

色々と制限があるからこそ、公式テーマはデザインが似通ったり、初心者にとって逆にとっつきにくい作りになっていたり、それ故に多機能テーマに流れている側面もあると思っています。

あとは、日本語対応のテーマがかなり少ないのも大きな理由の1つでしょうか。例えば、マテリアルデザインのテーマとかあってもいいと思いますが、ありませんよね。

まあ、ここら辺はWordPress開発者頑張れって感じなんでしょうけど、公式テーマにもけっこう良いものがあるので、一度覗いてみると良いかもしれません。テーマを適用せずにテスト(ライブプレビュー)できるのも公式テーマならではです。

無料で高クオリティのサイトが構築できる時代ですよ

無料テーマを積極的に開発してた頃は、「とにかく多機能であることが重要だ!機能の多さが差別化につながるんだ!」と多機能至上主義みたいなマインドで開発していて、ver2リリースのタイミングで「デザインこそ個性である」と我に返り、WordPress公式プラグインを2つリリースした今は「我はWordPressの化身」って思えるようになりました。#WordPress大好きな人とつながりたい

1つだけハッキリ言えることは、あなたがやりたいことの99%はWordPressテーマやプラグインを使って実現できるので、プラグインとか色々探してみると良いと思います。

手前味噌で恐縮ですが、僕も「Shinobi Reviews」っていうレビュープラグインとか、「Shinobi Blocks」っていうブロックプラグインとか開発しているので、興味があればぜひ。

では👋


カテゴリー:豆知識

シェフ

このサイト「Fantastech」を運営している人。WordPressテーマ「4536」の開発中にインプットした情報などを発信中。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ