ConoHa WINGのWordPressかんたん移行後はSSL化を忘れずに

運営サイト「MORIAWASE」をこれまでwpXレンタルサーバーで運営していたんですが、先日ConoHa WING(コノハウィング)に乗り換えました。

DNSも浸透してきて、安定してConoHa側のDNSを参照するようになったんですが、その時にふと、サイト内でhttpとhttpsが混在していることに気づきました。

サイト内にhttp接続のものがあると鍵マークが表示されない

「もっと目立つところに記載してくれよ〜」という感じなんですが、実はこれ、WordPressかんたん移行を利用すると強制的にhttp接続になってしまうようです。

(というか、どっかに記載してましたっけ?)

ConoHaの管理画面でSSL化をすると、ConoHa側でhttpからhttpsへリダイレクトをかけてくれる仕様になっているのも気づくのが遅くなった原因。

肝心の対処法ですが、管理画面内に「かんたんSSL化」というボタンがあるので、それをクリックするだけです。

これで一括置換してくれると思います。

手動で変更する場合は以下の手順。

(僕はこの上記の機能を知らなかったので以下の手順でSSL化しました)

まずはサイトのURLをhttpsへ変更。

サイトのURLをSSL化

次に、画像のURLなどもhttpsに変更します。

「Search Regex」というプラグインを有効化して、WordPress管理画面のツール→Search Regexへ進み、以下の手順を踏みます。

  1. Search patternにhttpのサイトURLを入力
  2. Replace patternにhttpsのサイトURLを入力
  3. 「Replace & Save」をクリック
サイト内のURLをSSL化
要確認です!

以上で常時SSL化になります。

これをやっておかないと、サイト評価に少なからず影響するのはもちろん、AMPページなどでもエラーが発生しまくる(httpサイトはAMP化できないため)のでご注意ください。

そして、ConoHa WINGのこの仕様はなんなんだ…?


カテゴリー:レンタルサーバー

シェフ

このサイト「Fantastech」を運営している人。WordPressテーマ「4536」の開発中にインプットした情報などを発信中。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ