Contact Form 7でreCAPTCHA v3のロゴを非表示にする方法

reCAPTCHAのロゴがサイト右下に表示される

「Contact Form 7」を使ってサイトに問い合わせフォームを表示しているんですが、最新バージョンにアップデートして設定を済ませたら何やらサイトの右下にロゴが表示されるようになりました。

「eCAPTCHA で保護されています」というメッセージと、プライバシーと利用規約のテキストリンクもあります。

reCAPTCHAのロゴがサイト右下に表示される

…いや、めちゃくちゃ邪魔!!

サイト右下に常に固定されていて(position:fixed;)、ページトップに戻るボタンと重なったり、別サイトでは下の固定メニューと重なったり、控えめに言って「超邪魔」でした。

ということで今回はこのロゴを消す方法をご紹介します。

reCAPTCHAを使っているページにはロゴを必ず表示しなければいけない

その前に超大事なことをお伝えしますが、reCAPTCHAのロゴは勝手に消すと規約違反になります。

つまり、CSSのdisplay:none;を指定して非表示にしたり、JavaScriptで要素を消したり、PHPの正規表現で削除したり、すべてダメってことですね。

前のバージョンでは「私はロボットではありません」にチェックを入れて、自動車やら信号機やらの画像を判別していたのでそういったロゴを表示する必要がありませんでしたが、reCAPTCHAの新しいバージョンであるv3から自動で認証する仕様になったため(チェック不要)、ユーザーにreCAPTCHA認証を使っていることを知らせないとダメだよってことらしいです。

reCAPTCHAを使っているページだけロゴを表示する

では、どうすればいいのかと言うと、最も簡単で安全なのはreCAPTCHAを使っているページにだけロゴを表示することです。

逆に言えば、reCAPTCHAで認証する必要がないページではreCAPTCHA関連のプログラムを読み込まないってことですね。

今回はお問い合わせページ(Contact Form 7)での話ですが、フォーラム(bbpress)やECサイト(woocommerce)に関しても同じことが言えます。

functions.phpに追加するコード

以下が、お問い合わせフォームがあるページ以外でreCAPTCHAのロゴを非表示にするコードです。Contact Form 7によって追加されるreCAPTCHA関連のコードがすべて読み込まれなくなります。

functions.phpにコピペし、一部修正するだけで終わりです。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', function() {
	if(is_page('contact')) return;
    wp_deregister_script( 'google-recaptcha' );
});

変更するのは「contact」の部分。

ここにはお問い合わせページのIDか、パーマリンク(最後のスラッシュ以降の文字列)が入ります。

当サイトの場合、「fantastech.net/contact」がお問い合わせページのURLなので、文字列は「contact」となります。

◯◯.com/otoiawaseがお問い合わせページなら「otoiawase」、◯◯.net/4536/なら「4536」、◯◯.◯◯.jp/contact/aboutなら「about」となります。

お問い合わせページが固定ページではない場合

基本的に、お問い合わせページは「固定ページ」で作成しますが、よくわからずに通常の記事で作成しているかもしれません。

その場合は、is_pageの部分を「is_single」にすればOKです。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', function() {
	if(is_single('contact')) return;
    wp_deregister_script( 'google-recaptcha' );
});

その他に、テーマ側で用意されている専用のページ(カスタム投稿タイプ)で作成している場合なんかもあると思いますが、そういった場合はテーマの作者さんに聞いてみてください。

もちろん、ウィジェットを使ってすべてのページにお問い合わせフォームを表示している場合は今回の方法が使えないのでご注意ください。

お問い合わせフォームが複数のページにある場合

(コメントいただいたので追記です)

複数ページでお問い合わせフォームを非表示にするやり方ですが、return;がある行を複数回記述すればOKです。多分それが1番わかりやすいと思います。

こんな感じです。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', function() {
	if(is_page('contact')) return;
	if(is_page('sitepolicy')) return;
	if(is_page(4536)) return;
	if(is_single('about')) return;
    wp_deregister_script( 'google-recaptcha' );
});

また、このようにまとめて記述してもOKです。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', function() {
	if(is_page([
        'contact',
        'about',
        4536,
        'sitepolicy',
    ])) return;
    wp_deregister_script( 'google-recaptcha' );
});

(このような条件分岐のことでわからないことがあればお気軽にコメントください)

お問い合わせページ以外でContact Form 7関連のコードを削除する方法

最後に余談ですが、ついでにお問い合わせフォームを設置していないページでContact Form 7のコードを読み込ませないようにしましょう。サイトの読み込み速度がアップします。

さきほどご紹介したコードにwp_dequeue_style( 'contact-form-7' );wp_deregister_script( 'contact-form-7' );を追加すればOKです。

追加後はこのようになります。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', function() {
	if(is_page('contact')) return;
    wp_dequeue_style( 'contact-form-7' );
    wp_deregister_script( 'contact-form-7' );
    wp_deregister_script( 'google-recaptcha' );
});

高速化に興味があれば関連記事もぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人:シェフ

このサイト「Fantastech」を運営している人。WordPressテーマ「4536」の開発中にインプットした情報などを発信中。