プラグインを使ってWordPressサイトを別サーバーに移行させる方法

プラグイン By シェフ

サイト移行というと、ちょっと前までは最も初心者が恐れる作業の1つでした。

僕の最初のサーバー移行はロリポップからエックスサーバーへのサーバー移行で、ものすごくドキドキしながら挑戦したことをよく覚えています。

ただ、今はそんな苦労をする必要がなく、プラグインを使えば割と簡単にサイト移行できます。

代表的なプラグインは「All-in-One WP Migration」ですね。

200万回以上インストールされていて、WordPressプラグインの検索画面で「all」と入力すると1番上に出てきます。

このプラグイン、非常に使い勝手がいいんですが、サイトの規模によっては少し難しい設定をしないといけないケースもあります。

今回はその点を踏まえて、All-in-One WP Migrationで別のレンタルサーバーにサイトを移行する流れをご紹介します。

事前に「All-in-One WP Migration」と入力してプラグインをインストールしてくださいね。

All in One WP Migrationのインストール


移行ファイルの出力

エクスポートをクリック

プラグインをインストールすると管理画面にメニューが追加されるので、「エクスポート」をクリックします。

エクスポート先を指定する

ローカルフォルダ(自分のパソコン)、もしくはDropboxなどのリモートフォルダをエクスポート先に指定します。

ファイルをダウンロードします。

ファイルをダウンロードする

ファイルのインポート

後はダウンロードしたファイルを移行予定のサイトでインポートするだけです。

移行予定のサイトでWordPressをインストールし、管理画面に入れる状態にしておきます。

Hello World以外のページがありませんが、このサイトはファイルをインポートするためだけのサイトなので大丈夫です。

ログインIDやパスワードを覚える必要もありません。とは言え、「root」とか「admin」だと怖いので、そういった文字列は避けた方がいいですね。

エクスポートの時と同じく「All-in-One WP Migration」のプラグインをインストールし有効化。

インポートをクリックする

メニューの「インポート」をクリックします。

ファイルを選択するか、ドラッグアンドドロップします。

移行ファイルをアップロードする

アラートが出ますが、インポート用のサイトで特に問題ないので「開始」をクリック。

インポートを開始する

インポートが終わったら「パーマリンク構造を保存する」のリンクをクリック。この画面には管理画面メニューの「設定」→「パーマリンク設定」からも行けます。

パーマリンク構造を保存する

パーマリンク設定画面では「変更を保存」のボタンをクリックするだけ。他の設定を変更する必要はありません。

パーマリンク設定画面で「変更を保存」をクリックする
補足

このパーマリンク設定画面で変更を保存すると、内部でURLの構造などが再生成されます。これは俗に「リライトルールのフラッシュ」と呼ばれます。この作業をやっておかないとページが正常に表示されないなどの不具合が起きるので必ずやってくださいね。

ファイルサイズが大きくてインポートできない場合

サイトの規模が小さければ失敗することなく移行できますが、サイトの規模が大きいとファイルサイズの上限に引っかかりインストールできません。

この対処法はプラグインの移行画面で紹介されているんですが、やり方を詳しくお話しします。

ファイルサイズの上限を引き上げる方法は主に2通りで、「.htaccess」か「wp-config.php」のどちらかのファイルを編集します。

どちらの方法もただコピペするだけなんですが、.htaccessはレンタルサーバーの管理画面で直接編集できるので、こちらの方が簡単です。

例えば、エックスサーバーの場合はサーバーパネルのホームページ項目の中に「.htaccess編集」というメニューがあります。

エックスサーバーの.htaccess編集メニュー

進んでいくとファイルの画面になるので、以下のコードをファイルの1番上、もしくは1番下にコピペします。

php_value upload_max_filesize 128M
php_value post_max_size 128M
php_value memory_limit 256M
php_value max_execution_time 300
php_value max_input_time 300

※ファイルサイズの上限をさらに引き上げる時は「upload_max_filesize」と「post_max_size」の値をセットで変更します。

コピペ後のファイルはこんな感じ。

コードをコピペした後の.htaccessファイル

※念のため、このコードの上と下にそれぞれ改行(一行分のスペース)を入れておいてください。

これを保存すればファイズサイズの上限が引き上がります。

アップロードの上限が引き上げられる

改めてですが、どのレンタルサーバーにも基本的に.htaccessファイルの編集項目があるので、管理画面から作業するのが簡単です。

表示がおかしくなった場合

.htaccessは重要なファイルなので、編集を間違えると画面が真っ白になったりエラーが表示されたりします。

不具合が起きたらコピペする場所をもう一度確認して、下がダメなら上、上がダメなら下、コードの上下に改行を入れる…など色々試してみてください。

コメントも含めてすべて重要なので、くれぐれも他のコードを削除しないように。

レンタルサーバーの移行機能を活用する

プラグインでも割と簡単に移行できますが、ハッキリ言ってレンタルサーバー側の移行機能を使った方が簡単です。

執筆時点では、エックスサーバーConoHa WING(コノハウィング)が移行サービスを無料で提供しています。

ですので、移転先がこれらのレンタルサーバーであればプラグインを使う必要もなく、ボタンをポチポチするだけで自動で移行作業をやってくれるので、ぜひご活用ください。

サイトの規模が大きくプラグインで移行できない場合

ファイルのダウンロードもそうですが、アップロードは特にサイトの規模が大きいと失敗します。

数百MBであれば問題ありませんが、数GBになってくるとファイルサイズの上限を引き上げても失敗するので、その場合はレンタルサーバーの移行機能を使うか、昔ながらに自分で移行作業をする必要があります。

自分で移行作業をするのは正直面倒ですが、以下の記事で詳しいやり方を紹介しているので参考までに。ローカル環境から本番環境のやり方ですが、本番から本番でも手順は同じです。

また、レンタルサーバーによってはインポート時のファイルサイズの上限がデフォルトで高いところもありますが(2GBなど)、ここの数値が高くても普通に失敗するので、失敗したら諦めて他の手段を試してくださいね。


カテゴリー:プラグイン

シェフ

このサイト「Fantastech」を運営している人。WordPressテーマ「4536」の開発中にインプットした情報などを発信中。お仕事のご依頼については「Shinobi Works」までどうぞ